アナログ専科@CRT栃木放送+KNB&ROKラジオ

CRT:20:00〜21:00(Every Saturday、Every Tuesday:Re-air)KNB:12:30〜13:00(Every Sunday)ROK:22:30~23:00(Every Friday)

vol.166_18 Jul 2020

LP(Kawashima)

デイヴ・メイソン「流れるままに」(CBSソニー/20AP2332/1977 released)

f:id:crt_analog:20200715104206j:plain

A面

1.ハイな気分
2.ウィ・ジャスト・ディアグリー
3.ミスティック・トラベラー
4.スペンド・ユア・ライフ・ウィズ・ミー
5.テイキン・ザ・タイム・トゥ・ファインド

B面

1.流れるままに
2.イッツ・オールライト
3.めぐりゆく季節
4.ホワット・ドゥ・ウィ・ガット・ヒア

【オールドブリッジ・インフォメーション】
f:id:crt_analog:20200715104227j:plain

今週ご紹介するのは、フェンダー・ジャパンのエレキ・ギターです
テレキャスター・タイプの「TN-90」というモデル。
「シンライン」のセミホロウ・ボディ色はホワイト・シャンパン系です。
ピックアップはフロントがハムバッカー、センターとリアにシングル・コイルが搭載されている
テレキャスターとしては珍しい仕様です。軽い!
多彩なサウンド・メイクが可能で、コーネル・デュプリー好きにはお勧めです。
1997年製モデルで値段は¥99,000(税込)です。
カワシマが本気で欲しがっているギターです。売り切れ必至。
オールド・ブリッジへGOGO!

Single(Kawashima)

A面 ブルース・ブラザーズ「ソウル・マン
f:id:crt_analog:20200715104255j:plain

一言啓上

1982年にCBSソニーで「セイリン・サマー2000」という廉価盤シリーズがあり、
夏向きのアルバムがたくさん再発されました。そのうちの一枚がこの「流れるままに」でした。
ジャケットに魅せられて思わず手に取ってしまいました。
デイヴ・メイソンは初めてききましたが、これが夏の定番になりましたね。
それ以来、メイソンはずっと聴いています。
メイソンの解釈の仕方としては若干間違っているかもしれませんが・・・(K)