アナログ専科@CRT栃木放送+KNB&ROKラジオ

CRT:20:00〜21:00(Every Saturday、Every Tuesday:Re-air)KNB:12:30〜13:00(Every Sunday)ROK:23:00~23:30(Every Tuesday)

vol.196_13 Feb 2021

LP(Furuhashi)

ジェフ・ベック・グループ「トゥルース」(東芝EMI/EOP-80712/1968 released)

f:id:crt_analog:20210212114852j:plain

A面

1.シェイプス・オブ・シングス
2.レット・ミー・ラヴ・ユー
3.モーニング・デュー
4.ユー・シュック・ミー
5.オール・マン・リヴァー

B面

1.グリーンスリーブス
2.ベックス・ボレロ
3.ブルース・デラックス
4.迷信嫌い

【オールドブリッジ・インフォメーション】
f:id:crt_analog:20210212114912j:plain

今週ご紹介するのは、国産メーカー「モーリス」の12弦のアコースティック・ギターです。
品番は「B-100」、1980年製です。
サイドバックがハカランダ、パール・インレイがふんだんに使われた縦ロゴスタイル。
D-45を12弦にしたようなゴージャス感があります。
市場にはほとんど出回っておらず、ふくよかなサウンドが魅力です。
金額は¥138,000(税込)と大変お求めやすい価格です。ハードケース付。
オールド・ブリッジへGO!!

Single(Kawashima)

A面 ブラザーズ・ジョンソン「ストンプ」
f:id:crt_analog:20210212114933j:plain

一言啓上

番組には2回目の登場となったジェフ・ベック。昔はほとんど聴きませんでしたが、最近その良さにようやく気づきました。
特にロッド・スチュアートとの相性はピッタリで、ヴォーカリストとしてロッドの魅力を再認識しました。
ベックは時代とともに音楽をスタイルを変化させますが、永遠のギター・キッズであることに間違いはありません。(K)