アナログ専科@CRT栃木放送+KNBラジオ

CRT:20:00〜21:00(Every Saturday、Every Tuesday:Re-air)KNB:12:30〜13:00(Every Sunday)

KNB:vol.9_9 Dec 2018

LP(Kawashima)

山下達郎 “TATSURO COLLECTION”(1985:Air Records/RVC)

f:id:crt_analog:20181123092100j:plain

A面
  1. Circus Town
  2. ペイパー・ドール
  3. 夜の翼
  4. 永遠のFULL MOON
  5. Love Space

f:id:crt_analog:20181123092057j:plain

Single(Shimoda)

John Lennon with the Plastic One Nuclear Band “Whatever Gets You Thru the Night”(1974:Apple東芝EMI

f:id:crt_analog:20181123092054j:plain
 

一言啓上

昨日はJohn Lennonの38回目の命日でしたね。不思議なもので、歌を聴いていると、まだJohnが生きているような気がします。(S)

vol.99_8 Dec 2018

LP(Shimoda)

Valerie Carter “Just a Stone's Throw Away”(1977:CBSCBSソニー

f:id:crt_analog:20181123092014j:plain

A面
  1. Ooh Child(2:56)
  2. Ringing Doorbells in the Rain(2:40)
  3. Heartache(2:55)
  4. Face of Appalachia(4:15)
  5. So, So, Happy(3:42)

 
f:id:crt_analog:20181123092012j:plain

B面
  1. A Stone's Throw Away(3:59)
  2. Cowboy Angel(3:51)
  3. City Lights(3:18)
  4. Back to Blue Some More(5:49)

 

Single(Kawashima)

猫 “地下鉄にのって”(1972:ODYSSEY/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181123092009j:plain

*** 猫 “雪”(1972:ODYSSEY/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181123092007j:plain

Weekly Recommend(Shimoda)

Jermaine Jackson “Let's Be Young Tonight”(1976:Motown

f:id:crt_analog:20181123092004j:plain
 

一言啓上

今年は秋でも暑いくらいの日が続いたせいか、急に秋らしい陽気になったかと思ったら、いきなり冬がやってきたという感じです。そんな初冬に聴きたくなって、Valerie Carterを取り上げました。Valerieはだれかと一緒に唄うときにその真価を発揮するタイプの歌い手さんでしたが、本作は間違いなく、参加ゲストに負けずとも劣らないパフォーマンスだと思います。(S)

KNB:vol.8_2 Dec 2018

LP(Shimoda)

Valerie Carter “Just a Stone's Throw Away”(1977:CBSCBSソニー

f:id:crt_analog:20181123092014j:plain

A面
  1. Ooh Child(2:56)
  2. Ringing Doorbells in the Rain(2:40)
  3. Heartache(2:55)
  4. Face of Appalachia(4:15)
  5. So, So, Happy(3:42)

 
f:id:crt_analog:20181123092012j:plain

Single(Kawashima)

猫 “地下鉄にのって”(1972:ODYSSEY/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181123092009j:plain

一言啓上

12月に入ると、なんだか聴きたくなるのが今回取り上げたValerie Carterです。残念ながら、2017年春に亡くなってしまいましたが、彼女の歌声は聴く人たちの心を揺り動かすものをもっていました。個人的には、Christopher Crossとのデュエット"Spinning"が大好きです。(S)

vol.98_1 Dec 2018

LP(Kawashima)

福島邦子 “I'm ready”(1979: Forlife Records)

f:id:crt_analog:20181104080754j:plain

A面
  1. ビキニング(3:19)
  2. 時は気まぐれ(3:47)
  3. クライ・クライ(3:34)
  4. マイ・スウィート・ハニー(3:11)
  5. スロー・ダンサー(3:36)

f:id:crt_analog:20181104080752j:plain

B面
  1. Bye Bye City(3:41)
  2. スウィート・ラブ・ソング(3:44)
  3. ラブ・ミー・アゲイン(4:26)
  4. ジプシー(4:13)
  5. MUSIC(4:19)

 

Single(Shimoda)

Wild Cherry “Play That Funky Music”(1976:Epic/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181104080749j:plain

Wild Cherry “That Lady Wants Your Money”(1976:Epic/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181104080747j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

Roberta Flack “Feel Like Makin' Love”(1974: Atlantic/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20181104080744j:plain
 

一言啓上

今日から師走。早いものです。年の瀬は個人的にはどうしてもDisco Musicなので、ちょこちょこかかると思いますのでお楽しみに。(S)

KNB:vol.7_25 Nov 2018

LP(Kawashima)

福島邦子 “I'm ready”(1979: Forlife Records)

f:id:crt_analog:20181104080754j:plain

A面
  1. ビキニング(3:19)
  2. 時は気まぐれ(3:47)
  3. クライ・クライ(3:34)
  4. マイ・スウィート・ハニー(3:11)
  5. スロー・ダンサー(3:36)

f:id:crt_analog:20181104080752j:plain

Single(Shimoda)

Wild Cherry “Play That Funky Music”(1976:Epic/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181104080749j:plain
 

一言啓上

宇都宮はすっかり晩秋の装いで、そろそろfunk musicが聴きたくなる時期になってきました。いい音楽を少しでも多く届けられればと思ってます。(S)

KNB:vol.6_18 Nov 2018

LP(Shimoda)

George Harrison “Dark Horse”(1974:Apple Records/東芝EMI

f:id:crt_analog:20181104080623j:plain

B面
  1. Ding Dong, Ding Dong(4:24)
  2. Dark Horse(3:54)
  3. Far East Man(5:52)
  4. It Is 'He'(Jai Sri Krishna:4:50)


f:id:crt_analog:20181104080620j:plainf:id:crt_analog:20181104080618j:plain

Single(Kawashima)

MFSB featuring The Three Degrees “The Sound of Philadelphia”(1974:PIRCBSソニー

f:id:crt_analog:20181104080613j:plain

一言啓上

毎年11月下旬になると、George Harrisonのソロ・アルバムを聴きたくなります。"All Things Must Pass"はもちろん素晴らしいのですが、ここ最近は評価が今ひとつだった、今回取り上げた"Dark Horse"を聴いてます。バックのミュージシャンたちがとにかく手堅く、Georgeの音楽ではどういうgrooveを出せばいいのかよくわかっている感じがして落ち着きます。(S)

vol.97_17 Nov 2018

LP(Shimoda)

George Harrison “Dark Horse”(1974:Apple Records/東芝EMI

f:id:crt_analog:20181104080623j:plain

A面
  1. Hari’s on Tour(Express:4:44)
  2. Simply Shady(4:38)
  3. So Sad(5:00)
  4. Mãya Love(4:24)

 
f:id:crt_analog:20181104080620j:plainf:id:crt_analog:20181104080618j:plain

B面
  1. Ding Dong, Ding Dong(4:24)
  2. Dark Horse(3:54)
  3. Far East Man(5:52)
  4. It Is 'He'(Jai Sri Krishna:4:50)

 

Single(Kawashima)

MFSB featuring The Three Degrees “Love is the Message”(1973:PIRCBSソニー

f:id:crt_analog:20181104080615j:plain

MFSB featuring The Three Degrees “The Sound of Philadelphia”(1974:PIRCBSソニー

f:id:crt_analog:20181104080613j:plain

Weekly Recommend(Shimoda)

Wings “Arrow Through Me”(1980:PML/東芝EMI

f:id:crt_analog:20181104080650j:plain
 

一言啓上

もうすぐ、George Harrisonの命日です。亡くなってもう18年経ってしまうんですね。早いものです。Georgeのサウンドは聴いている側の年齢が積み重なるほど、味わい深くなるのがいいなあと思います。なんだか、老成していた"Quiet Beatle"でしたからね。(S)

KNB:vol.5_11 Nov 2018

LP(Kawashima)

田口 清 “プロローグ”(1976:Odessey/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181020144155j:plain

A面
  1. 乗り越し
  2. ラブライト
  3. あなたが教えてくれた季節
  4. 名前
  5. 雨降り
  6. ルーレット

f:id:crt_analog:20181020144153j:plain

Single(Shimoda)

Badfinger “Just a Chance”(1974:WB/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20181020144149j:plain
 

一言啓上

今回のBadfingerのB面は、ジャケットやレーベルのクレジットでは"Your so Fine"となってますが、実際かけてみると"Just a Chance"だったという珍しいパターンでした。番組でも話してますが、今回ご紹介した曲はかれらのアルバム"Wish You Were Here"はセールスではまったくパッとしませんでしたが、出来は実に素晴らしいです。このアルバムと、Roxy Musicの"Siren"、そしてサディスティック・ミカ・バンドの"黒船"と併せて聴いていただくと、一直線につづく道を感じていただけるはずです(プロデューサーが同じChris Thomasだからです)。(S)

vol.96_10 Nov 2018

LP(Kawashima)

田口 清 “プロローグ”(1976:Odessey/CBSソニー

f:id:crt_analog:20181020144155j:plain

A面
  1. 乗り越し
  2. ラブライト
  3. あなたが教えてくれた季節
  4. 名前
  5. ルーレット

f:id:crt_analog:20181020144153j:plain

B面
  1. 私であるあなたへ
  2. ひつじが一匹ひつじが二匹
  3. 時計の針
  4. 記念写真
  5. 道しるべ
  6. ギターケース

 

Single(Shimoda)

Badfinger “Know One Knows”(1974:WB/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20181020144151j:plain

Badfinger “Just a Chance”(1974:WB/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20181020144149j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

The Pointer Sister “Yes We Can Can”(1973:Blue Thumb/Victor)

f:id:crt_analog:20181020144147j:plain
 

一言啓上

今回のBadfingerのB面は、ジャケットやレーベルのクレジットでは"Your so Fine"となってますが、実際かけてみると"Just a Chance"だったという珍しいパターンでした。番組でも話してますが、今回ご紹介した曲はかれらのアルバム"Wish You Were Here"はセールスではまったくパッとしませんでしたが、出来は実に素晴らしいです。このアルバムと、Roxy Musicの"Siren"、そしてサディスティック・ミカ・バンドの"黒船"と併せて聴いていただくと、一直線につづく道を感じていただけるはずです(プロデューサーが同じChris Thomasだからです)。(S)

KNB:vol.4_4 Nov 2018

LP(Shimoda)

10CC “Sheet Music”(1974:UK Records/キングレコード

f:id:crt_analog:20181018062744j:plain

B面
  1. Silly Love(4:01)
  2. Somewhere in Hollywood(6:39)
  3. Baron Samedi(3:46)
  4. The Sacro-Iliac
  5. Oh Effendi(2:49)


f:id:crt_analog:20181018062742j:plain

Single(Kawashima)

Frankie Valli “Grease”(1978:RSO/Polydor)

f:id:crt_analog:20181018062740j:plain

一言啓上

早いもので11月になりました。なるべく、個人的に季節とリンクした音楽を届けようと思ってはいるのですが、どうしても今聴いてみたいものを選んでしまいます。とはいえ、他局ではなかなか聴けない音楽を届けられればいいなあと思ってます。(S)