アナログ専科@CRT栃木放送

20:00〜21:00(Every Saturday、Every Tuesday:Re-air)

vol.88_11 Aug 2018

LP(Kawashima)

上田正樹サウス・トゥ・サウス “この熱い魂を伝えたいんや”(1975:Bourbon/徳間音楽工業)

f:id:crt_analog:20180810072745j:plain

A面
  1. オープニング -サウス・トゥ・サウス-
  2. ウ・プ・パ・ドゥ
  3. 終電車
  4. こわれたコーヒーカップ
  5. ラブ・ミー・テンダー


f:id:crt_analog:20180810072742j:plain

B面
  1. ブレイク・ダウン
  2. むかでの錦三
  3. わが心のジョージア
  4. おまえを離さない

 

Single(Shimoda)

世良公則&ツイスト “銃爪(ひきがね)”(1978:AARD-VARK/キャニオン・レコード)

f:id:crt_analog:20180810072739j:plain

世良公則&ツイスト “cry”(1978:AARD-VARK/キャニオン・レコード)

f:id:crt_analog:20180810072736j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

Bebu Silvetti “Spring Rain”(1977:日本コロムビア

f:id:crt_analog:20180810072732j:plain
 

一言啓上

今年の夏は暑いと再三再四言っていますが、だからこそより熱くなる音楽で涼むしかない!と思って、関西ファンクと日本における最初に商業的に成功したロックグループの代表作を紹介しました。ちなみに、Silvettiの"Spring Rain"はいい曲ですよね。(S)

vol.87_4 Aug 2018

LP(Shimoda)

Curtis Mayfield “Curtis”(1970→1973:Capitol Records/東芝EMI

f:id:crt_analog:20180803055603j:plain

A面
  1. (Don't Worry)If There's a Hell Below, We're All Going to Go(7:46)
  2. The Makings of You(3:40)
  3. We the People Who Are Darker Than Blue(5:00)

 
f:id:crt_analog:20180803055542j:plainf:id:crt_analog:20180803055600j:plain

B面
  1. Move On Up(8:50)
  2. Miss Black America(2:55)
  3. Wild and Free(3:12)
  4. Give It Up(3:45)

 

Single(Kawashima)

Gerry Rafferty “Baker Street”(1978:King Record)
Gerry Rafferty “Days Gone Down”(1979:King Record)

 

Weekly Recommend(Shimoda)

The Velvets “Lana”(London Records/King Record:1961→1963)

f:id:crt_analog:20180803055538j:plain
 

一言啓上

8月に入りました。だからといって、暑さは手加減してくれません。こうなったら、より身体も心もアツくなるような音楽を聴いて対抗するしかありません。そんな訳で、"Move On Up"です。ちなみに、マイケルの"スリラー"へいたる座る/横たわるジャケ写真の元祖はこの"Curtis"だと勝手に思ってます。(S)

vol.86_21 Jul 2018

LP(Kawashima)

休みの国 “休みの国”(1969→1972:URC

f:id:crt_analog:20180720065850j:plain

A面
  1. 第5氷河期(2:15)
  2. マザー(4:21)
  3. Union Strip(1:52)
  4. ドクター・クークー(2:57)
  5. Let's Drop Dead(2:27)
  6. マリー・ジェーン(5:19)


f:id:crt_analog:20180720065847j:plain

B面
  1. 飛べないフクロウ(3:32)
  2. 朝のダウンタウン(2:24)
  3. 楽しいさすらい人(1:26)
  4. 悪魔巣取金愚(2:21)
  5. 旅するおばさん(2:21)
  6. 追旅の歌(2:44)

 

Single(Shimoda)

大瀧詠一 “恋するカレン”(1981:NiagaraCBSソニー

f:id:crt_analog:20180720065845j:plain

大瀧詠一 “雨のウエンズデイ”(1981:NiagaraCBSソニー

f:id:crt_analog:20180720065842j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

Kalapana “Many Classic Moments”(1977:Trio Records)

f:id:crt_analog:20180720065839j:plain
 

一言啓上

今年の夏は、梅雨の期間が短かったせいか、いつもより暑く感じます。爽やかで涼しげな音楽を聴いて涼を求めたいところですが、それでも涼しくないことってありますよね。そういえば、今回ご紹介した大瀧詠一さんの7インチのプロモ盤は見た目が涼しげでいい盤だなあと思ってしまいました。(S)

vol.85_14 Jul 2018

LP(Shimoda)

ビーチ・ボーイズ “ベスト20 終りなき夏”(1975:Capitol Records/東芝EMI

f:id:crt_analog:20180713034534j:plain

A面
  1. Surfin' Safari(2:04)
  2. Surfer Girl(2:26)
  3. The Warmth of the Sun(2:51)
  4. Surfin' U.S.A.(2:27)
  5. California Girl(2:37)
  6. Help Me Rhonda(3:07)
  7. All Summer Long(2:06)

 
f:id:crt_analog:20180713034531j:plain

B面
  1. In My Room(2:11)
  2. Shut Down(1:49)
  3. Fun,Fun,Fun(2:02)
  4. I Get Around(2:11)
  5. The Girl on the Beach(2:23)
  6. Wendy(2:14)
  7. Let Him Run Wild(2:20)
  8. Don't Worry Baby(2:46)

 

Single(Kawashima)

Traffic “Paper Sun”(1967→1971:Island Records

f:id:crt_analog:20180713034528j:plain

Traffic “No Face, No Name, No Number”(1967→1971:Island Records

f:id:crt_analog:20180713034525j:plain
 

Weekly Recommend(Shimoda)

Jan & Dean “Surf City”(Liberty/東芝音楽工業:1963)

f:id:crt_analog:20180713034522j:plain
 

一言啓上

ここ数日、蒸し暑くて体調を崩されている方々もいらっしゃるかと思います。そんな夏にぴったりな(というか、ベタベタな)Surfin' Musicをお届けしました。一服の清涼剤になりますように。(S)

vol.84_7 Jul 2018

LP(Kawashima)

チューリップ “LIVE ACT TULIP VOL-2”(1976:Express/東芝EMI

f:id:crt_analog:20180630060804j:plain

A・C面
  1. オープニング(ハーモニー)
  2. 新しい地球を作れ
  3. 僕がつくった愛のうた
  4. 私の小さな人生
  5. メドレー(悲しきレイントレイン/心の旅/明日の風)


f:id:crt_analog:20180630060801j:plain

D面
  1. 風のメロディー
  2. 青春の影
  3. Do You Wanna Dance
  4. 夢中さ君に

 

Single(Shimoda)

The Jam “Town Called Malice”(1982:Polydor)

f:id:crt_analog:20180630060758j:plain

Phil Collins “You Can't Hurry Love”(1982:WB/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180630060755j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

Randy Newman “Short People”(1977:WB/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180630060752j:plain
 

一言啓上

Motownを支えたThe Funk Brothersが演奏するいわゆる「モータウン・ビート」は、面白いことに1980年代初期のUKではやっていたようです。なので、今回のシングル盤コレクションで全英No.1を獲得した2曲をご紹介しました。こうして聴き並べてみると、強烈なインパクトのあるリズム・パターンはこうして受け継がれていくんだなあ、と平凡な感想ながらも抱いてしまいました。(S)

vol.83_30 Jun 2018

LP(Shimoda)

サザンオールスターズ熱い胸さわぎ”(1978:invitation/Victor)

f:id:crt_analog:20180630005556j:plain

A面
  1. 勝手にシンドバッド(3:55)
  2. 別れ話は最後に(4:33)
  3. 当って砕けろ(3:51)
  4. 恋はお熱く(4:27)
  5. 茅ヶ崎に背を向けて(3:20)

 
f:id:crt_analog:20180630005553j:plain

B面
  1. 瞳の中にレインボウ(4:49)
  2. 女呼んでブギ(4:04)
  3. いとしのフィート(4:53)
  4. 今宵あなたに(3:38)

 

Single(Kawashima)

The Flying Machine “Smile a Little Smile for Me”(1969:Pye Records/日本コロムビア

f:id:crt_analog:20180630005550j:plain

Badfinger “Come and Get It”(1969:Apple Records/東芝音楽工業)

f:id:crt_analog:20180630005547j:plain
 

Weekly Recommend(Shimoda)

サザンオールスターズ “わすれじのレイドバック”(invitation/Victor:1980)

f:id:crt_analog:20180630005543j:plain
 

一言啓上

早いもので、気づいたら今年も半年が過ぎ去ろうとしてます。そう思うと、SASがデビューしてからちょうど40年というのも、月日の早さを感じさせてくれます。個人的には、初期SASの荒削りだけど、才気煥発なところが大好きです。(S)

vol.82_16 Jun 2018

LP(Kawashima)

A面
  1. CARAMEL RAG
  2. CHOPPERS BOOGIE
  3. はあどぼいるど町
  4. 月にてらされて
  5. CHOO CHOO GATTA GOT '75


f:id:crt_analog:20180614061809j:plain

B面
  1. SHE IS GONE
  2. ソバカスのある少女
  3. JACKSON
  4. YELLOW MAGIC CARNIVAL
  5. BALLAD OF AYA

 

Single(Shimoda)

サザンオールスターズ “I AM A PANTY(Yes, I Am)”(1979:invitation/Victor)

f:id:crt_analog:20180614061804j:plain

サザンオールスターズ “LOVE SICK CHICKEN”(1980:invitation/Victor)

f:id:crt_analog:20180614061801j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

フレンズ “レモンスカッシュ”(1973:Atlantic/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180614061757j:plain
 

一言啓上

先日、佐藤博さんのアルバムをとりあげましたが、実は翌日のCRTの番組「SUNDAY MOON」のOPで、佐藤博さんの1982年発表の名盤"awakening"の中の1曲"ONLY A LOVE AFFAIR"が取り上げられていて、おもわずのけぞってしまいました。同じ局で、しかもまったく知らない間柄なのに(そういうものなのです)、よりによって(失礼)佐藤博さんを取り上げているという驚き。ただ、それだけを伝えたくて書きました。(S)