アナログ専科@CRT栃木放送+KNBラジオ

CRT:20:00〜21:00(Every Saturday、Every Tuesday:Re-air)KNB:12:30〜13:00(Every Sunday)

KNB:vol.1_14 Oct 2018

LP(Kawashima)

加藤和彦 “パパ・ヘミングウェイ”(1979:ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180917181132j:plain

A面
  1. スモール・キャフェ(5:09)
  2. モリーズ(5:16)
  3. アドリアーナ(4:53)
  4. サン・サルヴァドール(3:41)


f:id:crt_analog:20180917181130j:plain
 

Single(Shimoda)

南沙織 “純潔”(1972:CBSソニー

f:id:crt_analog:20180917181127j:plain

一言啓上

KNB北日本放送をお聴きの皆様、はじめまして。この番組は音楽大好きオッサンの2人が、CRT栃木放送にあるアナログ・レコードから選んで放送しております。ゆるーくやっておりますので、お昼のひとときに聴いてやってください。宜しくお願い申し上げます。(S)

お知らせ

 放送日のお知らせです。

  • 10月13日(土)バスケットボールの試合中継のためお休み
  • 10月16日(火)放送(13日放送予定をこの日に本放送)
  • 10月20日(土)放送
  • 10月23日(火)20日の再放送

また10月14日(日)から、KNB北日本放送にて、お昼0時30分〜1時まで放送することになりました。KNBさんでは、30分ver.となっておりますが、CRTの60分ver.とはちょっと異なった構成になってます。radikoでぜひ聴いてみてください。
宜しくお願い申し上げます。

vol.93_16 Oct 2018

LP(Shimoda)

小坂 忠 “ほうろう”(1975:Mushroom/Alfa)

f:id:crt_analog:20180930220334j:plain

A面
  1. ほうろう(2:53)
  2. 機関車(3:45)
  3. ボン・ボヤージ波止場(4:29)
  4. 氷雨月のスケッチ(4:03)
  5. ゆうがたラブ(4:20)

 
f:id:crt_analog:20180930220332j:plain

B面
  1. しらけちまうぜ(3:02)
  2. 流星都市(3:51)
  3. つるべ糸(3:06)
  4. ふうらい坊(4:35)

 

Single(Kawashima)

The 5th Dimension “Up, Up and Away”(1967:Liverty/東芝音楽工業)

f:id:crt_analog:20180930220330j:plain

The 5th Dimension “Aquarius/Let the Sunshine in”(1970:Liverty/東芝音楽工業)

f:id:crt_analog:20180930220328j:plain

Weekly Recommend(Shimoda)

Ian Dury & the Blockheads “I Want to be Straight”(1980:Stiff/Victor)

f:id:crt_analog:20180930220325j:plain
 

一言啓上

10月になりました。秋らしい陽気になればいいなあと思いつつも、あっという間に冬の訪れが聞こえてくるんでしょうね。個人的には秋はThe Beatlesが聴きたくなります。(S)

お知らせ

9月29日(土)と再放送の10月2日(火)は特別番組放送のためおやすみです。

今のところわかっている10月の放送予定日

  • 10月6日(土)特別番組放送のためおやすみ
  • 10月9日(火)特別番組放送のためおやすみ
  • 10月13日(土)バスケットボール中継のためおやすみ
  • 10月16日(火)放送
  • 10月20日(土)放送
  • 10月23日(火)放送

ちなみに、10月9日の特別放送は、2017年12月に放送した「〜CRTワイドFM化記念 POPfREAKスペシャル〜 再現!究極のアナログ音楽(サウンド)」をお送りします。こちらは、平成30年日本民間放送連盟賞ラジオ・エンターテインメント番組部門で優秀賞を受賞したことを記念しての再放送になります。

10月14日(日)からKNB北日本放送(富山)でもお聴きいただけます!

 そして本番組が、なんと(というかどういう訳だか)10月14日(日)のお昼12時30分〜13時までの30分ヴァージョンでお聴きいただけることとなりました。通常の本放送とはちょっと構成が違うので、radikoプレミアムをお持ちの方は聴き比べてみてください。
 
引き続き、ご贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。

vol.92_22 Sep 2018

LP(Kawashima)

加藤和彦 “パパ・ヘミングウェイ”(1979:ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180917181132j:plain

A面
  1. スモール・キャフェ(5:09)
  2. モリーズ(5:16)
  3. アドリアーナ(4:53)
  4. サン・サルヴァドール(3:41)


f:id:crt_analog:20180917181130j:plain

B面
  1. ジョージタウン(4:42)
  2. レイジー・ガール(5:25)
  3. アラウンド・ザ・ワールド(4:25)
  4. アンティルの日(2:22)
  5. モリーズ(リプリーズ:1:48)

 

Single(Shimoda)

南沙織 “純潔”(1972:CBSソニー

f:id:crt_analog:20180917181127j:plain

南沙織 “素晴らしいひと”(1972:CBSソニー

f:id:crt_analog:20180917181124j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

The Hollies “Sorry Suzanne”(1969:Odeon/東芝音楽工業)

f:id:crt_analog:20180917181122j:plain
 

一言啓上

個人的には、どうしても好みが洋楽に傾いてしまうのですが、今回ご紹介しました南沙織さんの“純潔”は、当時のアイドル(といっていいのでしょうか)の歌唱力と楽曲のクオリティの高さを知るにはいい1曲だったなあと思い、洋楽にはない味わいがあると思ってます。曲の短さというのもまた魅力的だと思ったりしてしまいます。(S)

vol.91_15 Sep 2018

LP(Shimoda)

Aretha Franklin “Aretha Live at Filmore West”(1971:Atlantic/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180908060340j:plain

A面
  1. Respect(3:53)
  2. Love the One You're With(4:15)
  3. Bridge Over Troubled Water(5:55)
  4. Make It with You(4:33)
  5. Don't Play That Song(3:16)

 
f:id:crt_analog:20180908060339j:plain

B面
  1. Spirit in the Dark(Reprise with Ray Charles 8:53)
  2. Reach Out and Touch(2:35)

f:id:crt_analog:20180908060336j:plain
 

Single(Kawashima)

Daryl Hall & John Oats “She's Gone”(1972:Atlantic/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180908060334j:plain

Daryl Hall & John Oats “Rich Girl”(1977:RCA/RCV)

f:id:crt_analog:20180908060332j:plain

Weekly Recommend(Shimoda)

Creedence Clearwater Revival “Lodi”(Liverty/東芝音楽工業:1969)

f:id:crt_analog:20180908060358j:plain
 

一言啓上

早いもので、もう9月も半ばになりました。そうなると、年末まで一気に行く感じになりますね。今回ご紹介したArethaの名盤の裏ジャケットの背中を見ていたら、そのシルエットがなんだかOtis Reddingに似てるなあと思ってしまいました。(S)

vol.90_25 Aug 2018

LP(Kawashima)

サザンクロス “サザンクロス”(1980:Big Bambou/キングレコード

f:id:crt_analog:20180824170931j:plain

A面
  1. ハードレイン
  2. 洒落
  3. ターミナル
  4. ロンリー・ボーイ


f:id:crt_analog:20180824170928j:plain

B面
  1. フリーウェイ・ソング
  2. こんな真夜中
  3. ヘイ・ブラザー
  4. OSAKA・ベイシティ
  5. 燃える想い

 

Single(Shimoda)

勝新太郎 “さすらいの旅”(ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180824170925j:plain

カルーセル麻紀 “なりゆきまかせ”(1980:Victor)

f:id:crt_analog:20180824170923j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

The Rascals “Carry Me Back”(1969:Atlantic/日本グラモフォン)

f:id:crt_analog:20180824170920j:plain
 

一言啓上

今年は台風が結構上陸してますよね。そんな台風を吹き飛ばすような曲たちを今回は揃えました。結果として、funkyだったなあと思うのです。とりわけ、勝新、カルーセル、そしてトリにThe Rascalsなんて取り合わせは、他じゃあありえないですよね。(S)

vol.89_18 Aug 2018

LP(Shimoda)

The Who “Live at Leeds”(1970:Polydor/日本グラモフォン)

f:id:crt_analog:20180817054541j:plain

A面
  1. Young Man Blues(4:52)
  2. Substitute(2:17)
  3. Summertime Blues(3:22)

 
f:id:crt_analog:20180817054538j:plain

B面
  1. My Generation(14:45)
  2. Magic Bus(7:57)

 

Single(Kawashima)

ジョー・山中 “人間の証明のテーマ”(1977:Atlantic/ワーナー・パイオニア

f:id:crt_analog:20180817054535j:plain

町田義人 “戦士の休息”(1978:日本コロムビア

f:id:crt_analog:20180817054533j:plain

Weekly Recommend(Shimoda)

三遊亭円丈 “恋のホワン・ホワン”(Trash/Trio Records:1981)

f:id:crt_analog:20180817054530j:plain
 

一言啓上

夏といえば、ライブやフェスですよね。数多あるライブ盤の中でも、個人的には今回取り上げたThe Whoの"Live at Leeds"に指を屈します。放送でも述べましたが、みんながリードをとってるアンサンブル(と言っていいのかどうか)なので、なかなか迫力があり、盆踊り感があります。そういえば、最近話題となった東京は中野の盆踊りでかけた曲がBon Joviの"Livin' on a Prayer"でしたね。(S)

vol.88_11 Aug 2018

LP(Kawashima)

上田正樹サウス・トゥ・サウス “この熱い魂を伝えたいんや”(1975:Bourbon/徳間音楽工業)

f:id:crt_analog:20180810072745j:plain

A面
  1. オープニング -サウス・トゥ・サウス-
  2. ウ・プ・パ・ドゥ
  3. 終電車
  4. こわれたコーヒーカップ
  5. ラブ・ミー・テンダー


f:id:crt_analog:20180810072742j:plain

B面
  1. ブレイク・ダウン
  2. むかでの錦三
  3. わが心のジョージア
  4. おまえを離さない

 

Single(Shimoda)

世良公則&ツイスト “銃爪(ひきがね)”(1978:AARD-VARK/キャニオン・レコード)

f:id:crt_analog:20180810072739j:plain

世良公則&ツイスト “cry”(1978:AARD-VARK/キャニオン・レコード)

f:id:crt_analog:20180810072736j:plain
 

Weekly Recommend(Kawashima)

Bebu Silvetti “Spring Rain”(1977:日本コロムビア

f:id:crt_analog:20180810072732j:plain
 

一言啓上

今年の夏は暑いと再三再四言っていますが、だからこそより熱くなる音楽で涼むしかない!と思って、関西ファンクと日本における最初に商業的に成功したロックグループの代表作を紹介しました。ちなみに、Silvettiの"Spring Rain"はいい曲ですよね。(S)